走って痩せるためには「心拍数」を考慮せよ

フルマラソン

走って痩せるためには「心拍数」を考慮せよ

走ってやせる・ダイエットランニング

マラソンで痩せようと思った場合には、

停滞期の乗り越え方の必要になってきます。

これは、身体が、一定の状態を保とうとする機能が働く為です。

だから、気にせずに走り続けることで、このホメオスタシスが働いている状態から抜け出します。


それ以外の方法は、脚の筋力アップをはかったり、走る回数などを増やしてみましょう。

いつまでも変化がないように思えても、

実は、お尻が引き締まっていたり、筋力がアップしています。


最大心拍数の60~80%で走れば脂肪が燃焼する

走って痩せたい場合は、

内臓脂肪は早めに落ちますが、

皮下脂肪は、落とすのに時間が掛ることを頭に入れておいて下さい。

なので、焦らずに、走り続けることが大事になってきます。


筋トレをトレーニングの中に組み込んだり、

最も脂肪が燃焼されやすい心拍数で走りましょう。

脂肪の燃焼効率がよく、しかもより多くの脂肪を消費できるのは、最大心拍数に対し60~80%の運動をしているとき。それ以上だと脂肪の使われる量が極端に減り、以下だと量が減るため効率的ではありません。じつは、この心拍数をキープできずに走り、損をしている場合が多いんです。

『世界一やせる走り方』中野ジェームズ修一 著 P.106より

出典 http://


ダイエットマラソンで大事なポイント

走って目標体重になったとしても、

元に戻ってしまうことがあります。

身体の、元に戻ろうとする機能を押さえるためには、


最低でも4~5年はその体重をキープする必要があります。

今まで積み上げた努力を無駄にしないでください。

そう頭に言い聞かせて日々、励んだ方が良いようです。


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ