【フルマラソン】とてつもなく長距離を楽に走る方法

フルマラソン

【フルマラソン】とてつもなく長距離を楽に走る方法
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【フルマラソン】長距離を楽に走る大事なポイント

実は呼吸ってものすごく大事なのです。

呼吸ひとつでフルマラソンの成功率が上がるといっても過言ではありません。

以前は、「2度息を吸って、2回吐く」

ということが主流になっていましたが、今はどうなのでしょうか。



長距離を楽に走る方法の秘訣に「呼吸法」があります。



ランニングでは、腹式呼吸をしましょう。

ランニングで腹式呼吸ができるようになると、たくさん酸素を取り入れることができるので、楽に走れるようになります。


<腹式呼吸>


・腹式呼吸では、口から息を吐きます。


上腹部に手をあてて、口から肺の空気をゆっくりと吐き出します。

そのときに、おなかをへこませて腹筋を意識します。すると横隔膜が上がります。


・腹式呼吸では、鼻から息を吸います。


鼻から空気をゆっくり深く吸い込んでお腹を膨らませます。この時、横隔膜が下がります。



ランニング中には、

「〇回吐いて、〇回吸う」

というように、呼吸の回数やリズムは特に決めないようにします。

自分の走るペースに合わせて自然に呼吸しましょう。


※口から息を吸ってしまうと口が乾燥してしまい、必要以上に水分補給が必要になってしまいます。

※呼吸のコツは吐くことです。肺を空にすることにより、自然と空気がたくさん肺に入ってくるので走ることが楽になります。

呼吸法を理解して楽に走りましょう!



美しいフォームは楽な走りにつながります

長い距離を楽に走るコツは、


お腹で走るようにすることです。

お腹は身体の中心だから、お腹がしっかりと使えるとまっすぐ体重移動にのった走りができるようになり、楽に走れます。


キーワードは、

「体の重心(丹田)」「骨盤」「肩甲骨」です。

・腕を振って肩甲骨を背中の中央に引き寄せましょう。

・肩甲骨が動くことで、骨盤が動き、足が自然と動きます。

・体の重心がぶれずに前に進んでいるでしょうか?

・体の真下に足が着地しているでしょうか。


これらの事を注意してランニングフォームを正して長い距離を楽に楽しく走りましょう!


世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!