【フルマラソン】美しくてとっても楽・正しい ランニングフォームとは?

フルマラソン

【フルマラソン】美しくてとっても楽・正しい ランニングフォームとは?

フルマラソンを正しい ランニングフォームで走る

フルマラソンで長距離を走っていると、

「肩に力が入ってくる」

「腰が落ちてくる」

と、ランニングフォームが崩れてきます。

走っていて肩の凝る人は、肩に力が入っている人です。力を抜きましょう。


崩れた姿勢を、正しくて美しいランニングフォームに修正するためにも、

走りながら、肩や腕を回すとフォームがリセットされます。


腹筋や腰、お尻を叩いても、正しいランニングフォームに修正されます。


早め早めに、身体を動かし、叩くなどのストレッチを取り入れると、
疲れ切った時からストレッチを始めるよりも、効果があります。

フルマラソンは美しくて正しいランニングフォームで走りをしましょう。

その方がケガも防げて、楽に速く走れます。




ランニングフォーム

フルマラソンのための美しくてとっても楽な ランニングフォーム

フルマラソンを正しいフォームで走るということは、

楽に効率よい走りにつながります。

体のおへその下あたりが、ひもで前方へ引っ張られるように走ります。

その時には、身体は前後左右の無駄な動きはしません。


肩甲骨を背中の中央に引き寄せると、


骨盤が動きます。

すると自然に足が前に出ます。


最初に身体を前方に倒すと、自然に手足がでて、走りやすくなります。

そして、着地した足に上半身を乗せます。

足だけが前方に着地するのではなく、足に身体の体重を乗せます。

すると、足は、身体の真下に着地します。

着地の瞬間は、

「頭から足まで地球の中心とつながるイメージです」


フルマラソンの長距離を同じペースで走るためには、美しい正しいランニングフォームで走ることが大切です。

ランニングフォーム

フルマラソンを楽に速く走れる方法

正しいランニングフォームで走ると、動きに無駄が無くなるので、楽に走れて、スピードもアップします。

☑ 普段の生活でも猫背にならないように注意しましょう。

・自分が走れる距離や時間をきちんと把握してるでしょうか。

自分の能力以上の走りをしていると、苦しくなってフォームが崩れてしまいます。

走っているうちに身体が軽くなるような走りを心掛けましょう。

それが正しいランニングフォームなのです。


1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ